あゆみの歩む道

31歳 旅で出会った元新聞記者けんさんと2017年9月から西回り世界一周中。

【タイ7日目】アユタヤ遺跡観光、バンコクに戻るよー!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村


やっぱり今日も6時起き。

8時に朝食と書いてあり、ぴったりに1階へ。



チェックアウトし、荷物を預かってもらい、モーターバイクのレンタルを頼みます。
宿で貸し出しを扱ってるのは自転車のみみたいで、モーターバイクはどこかに電話して持って来てもらうみたいです。

「10分待ってね」

とのことで、ネコの隣でのんびり。

しばらくすると、バイクに乗ったおばちゃんが来ました。



キレイなバイクです。
250BT(806円)
デポジットとしてパスポートをホテルの女の子に預けます。なんかこのシステムちょっと怖いよね。




でもね、実は。。。
私原付乗ったことないんです。
いや、正確に言えばあるか。20歳のまだ免許持ってなかったときに、誰も通らない道で、30メートルくらい。。。

ちょうどLINEしてた、元職場のバイク好きな子に原付の乗り方をちょろっと聞いて(カーブするときは身体を倒さないと曲がらないとか)
更におばちゃんにも、使い方を聞きます。

ふむふむ、これが鍵で、ロック解除して、エンジン回して。。。

試しに乗ってみて、と言われたので、恐る恐る、右のハンドグリップを回すと、えらい勢いで飛び出しそうになりました。
おばちゃん「え?あんた使ったことないの?バイク乗ったことないの。。?!大丈夫??!!」

一気に顔色が変わり、心配されます。

私「大丈夫、大丈夫!ブランクがあるだけ、昔乗ったことあるよ!(嘘)」

おばちゃん「これ壊したら弁償だよ?!」

おばちゃん「とりあえず、この道走ってみな。私が見てるから。」

ゆっくりエンジンかけて、ちょろっと走って、おばちゃんのとこに戻ると、

「大丈夫だけど。。、ゆっくりね、とにかくゆっくりするんだよ!!」

「slowly!!slowly!!!!」
って、この短時間で30回くらい言われました。

しかも、反対車線出れなくて、おばちゃんに連れてってもらう始末。。。

なんだかんだで11時半過ぎに出発。


5分もしないで、最初の目的地に到着。
とりあえず水を買わなきゃ。。。と売店のお兄さんにいくらか聞くと、

20BT(64円)。。。!

観光地価格ですね。出発した時にコンビニで買っておけばよかった。






Wat Maha That(ワット・マハタート)
入場料50BT(161円)

ビルマ軍に破壊されてしまった寺院。現在面影を残しているのは、木の根に取り込ませてしまった仏像、れんが積みの仏塔、頭部を切り落とされた仏像だけ。


有名な仏像の頭部。





バイクで移動して次の場所。

Wat Phra Sri Sanphet(ワット・プラ・シー・サンペット)
入場料50BT(161円)

こっちもビルマに侵略された際に跡形もなく破壊されてしまった寺院。3基のチェーディー(仏塔)それぞれに、3人の王の遺骨が納められ、静かに並んでいる。



すこぶる順調です。私、方向音痴なおったみたい。感覚で進んでるけど、全然道間違えないもん。
風を切って走る感じが、とても心地いいです。バイクのスピードもゆっくりなので、タイの緩やかな空気と混ざっていい雰囲気。

よしっ、ここ誰も来てないし、自撮りでもしちゃおうかな?
と、バイクのポケットに入れていたGoproを取り出して、一脚を伸ばします。

すると、

ポロっと、Goproが棒の上から落下しました!!!

ああああ危なーーい!

ちょうどバイクの足と足のあいだに落ちたので、壊れませんでしたが。。。よくよく見ると、マウントの接続部分が外れていました。吹っ飛んだ部品を歩いて探しましたが、見当たらず。


あー、調子乗ったバツですね。
ちょっと、ここで写真撮ったらかっこいいなとか、調子こいたからこんなことになったんだな。バイクの運転初めてなのに、そんなことするから。
もう、見つからないので早々に諦めました。帰国したら、マウントはケチらず純正品のを買おう。そうしよう。




Wat Lokayasutha(ワット・ローカヤースッター)
ここはFreeでした。



微笑んでいます。




マンゴーアイス50BT(161円)

コンビニの倍します。でも食べちゃう。


さて、ここから中心地を少し離れてプーカオトーンまで行きます。

ここね。

いくらスピード出しても速度のメーター動かないからどれくらい出してるのかわからなくなる。

段々、アユタヤ中心部から離れていきます。道路が開けてきました。え、大丈夫?とりあえず道なりに進んでいきますが、頭の中の地図での位置がわからなくなり、セブンイレブンに寄って聞いてみることに。

「あなた、いまここだから、10分くらいで、ここに着くよ」

って。やっぱり行き過ぎていました。
看板読めなかったのでよくわかんなかったんですけど、分岐っぽい道があったんです。

地図まで書いてくれました。優しい。


やたら豪華な橋を渡って、まーーーーっすぐ進みます。
5分に1回は不安になるので、またまた聞き込み。

ほうほう、このまま、まっすぐ行って、左に行けばいいのね。

お礼ついでにコーラ購入。15BT(48BT)

10分くらいバイクを走らせて到着。




Wat Phu Khao Thong(ワット・プーカオトーン)
やたらローカル感溢れています。
鶏がめっちゃ鳴いてる。

ここから、アユタヤ全体が見渡せるってどなたかのブログに書いてあったのですが

なんと。。。修復中。。。w

壁を塗ってる人達にを眺めるだけとなりました。滞在時間5分未満。



そろそろ帰るかな〜でもどうせモーターバイクだし

ここまで行きたいな〜と欲を出し、また直進して行きます。

普通の道路みたいなところに入って、車がビュンビュン走って行きます。
なんだこの道。このまま走っていくと、私全然違う街に行っちゃうんじゃない?


近くのローカル食堂の人に道を確認。

よかった、合ってるっぽい。
しかし田舎の方は本当に英語も通じないんだね。


しばらくまーーーっすぐ行って、橋を渡って、少ししたとこにセブンイレブンがあったのでもう一回聞き込みをします。

「もうすぐそこだよ。」
あんま地図も標識も見てなかったけど、合ってた、合ってた。



ちょっと進むと、ありました。

Wat Chaiwatthanaram(ワット・チャイワタナラーム)

入場料がまた50BTかかるので、ここは入らずに外からの写真だけ。


よーしここまでは順調だ、あとはホテルに戻るだけだ!きた道をぐいぐい戻って、カンでアユタヤの近くまで来ます。

最初の方に来た道と似たような所に出て来ました。

久しぶりの信号。

あっ、赤になるから止まらなきゃ。


と、ブレーキをかけたら



キキキキキーーーッ!


なんと、前輪が滑って転倒。。。!

地面にひっくり返りました。


信号の前で、しかもスピード減速してたからよかった。。。

それでも打撲。左側に転んだから足と、肩と、腕と、腰。あと手首も。


痛い、痛いんだけど、自分のことより、頭にあったのは
「バイク壊れてないかな?!」

ってことだけ。
転ぶ瞬間、あのおばちゃんの顔が脳裏に浮かびました。

「傷つけたら弁償だよ」

うぅ。。。。




幸いにも、どこも傷付いてませんでした。よかった。





そこからまた走り出したはいいものの、なんかもう凹んじゃって、著しく元気がなくなり、更に道に迷います。

あ、そういえばあのおばちゃん、ガソリン入れてFullの状態で返せって言ってたよな。。。


と、ちょうど見えてきたスタンドに入ります。

「これ、減ってないけど?」
と言われましたが、返す時なんか言われてもやなので、入るだけ入れてもらいます。

25BT(81円)

ガソリンスタンドでも道を聞き、おじちゃんが言った通りに走るも、ホテルはまったく見えてこない。

近くにあったセブンイレブンへ(3回目)



「助けて〜。ホテルに帰りたいの〜。」もう疲れすぎてほんとに日本語で泣きついた。

店員さん3〜4人集まって地図を広げ、私のiPhoneを見て、ホテルを探してもらいます。

「んー、ちょっと待ってて」
店員さんのお兄さんが、自分のiPhoneと私のiPhoneを持って、なんかの台の上で検索してくれています。

しばらくすると、翻訳アプリで、タイ語を入力しています。
英語でしたが、書いてあったのは、

「彼が、ホテルまでガイドしてくれるよ」

と。
ん?どういうこと?彼って、あなた??


お兄さん、セブンの外を指さします。

セブンイレブンの反対側には、バイクタクシーの乗り場がありました。

あ、あのおっちゃん達に先導してもらうんですね!

実はその時までGoogleマップの存在を忘れていて、マップを見ればホテルにたどり着けそうではあったのですが、もう転んで手とか痛いし、疲れたし、親切に教えてくれたし、お金は気にせずにお任せしちゃおう。

と思い、お願いすることに。


店員のお兄さんと、バイクタクシーのおっちゃん達の所へ一緒に行き、交渉開始(お兄さんが)
私はただ見てるだけw

おっちゃんたちは、お兄さんの話を聞いて、地図を見て、
どこだ、ここ?誰が行く?え、どこに行くんだって??とかわちゃわちゃしたと思ったら
俺が行くぜ、と、速攻ヘルメット被って道路に飛び出そうとしてるおっちゃんを、いやまだちょっと待てよw
って止めたりしてて、なんかすんなりいきません。

その内に、お兄さんが、「バイク持ってきていいよ」って言ってくれたので、交渉が済んだのか全然わかんなかったけど、とりあえずバイクを取りに行きます。

気づいたらおっちゃんの1人がスタンバイして、いつでも行けるぜ状態。

私が反対側の車線に行くのに、またもやもたもたしてたら、戻ってきたお兄さんが、「僕が乗るよ」「後ろに乗って」って。
あぁ、とろい私を反対車線に連れて行ってくれるんですね。ありがとう。



おっちゃんと合流したので、お兄さんがバイクを降りるかと思ったのですが。。。

なんと、そのまま進んで行きます。

私を乗っけて、ホテルまで運転してくれるみたい。。。!!




えー!なんて親切なの!!!
てか、仕事は大丈夫なの?!いいの?


さっき初めて会ったどこの誰かわかんない、バイクもろくに乗れないのに調子乗って自転車じゃなくてバイク借りちゃってるジャパニーズに、なんでそこまでしてくれるんですか。。

これがタイの国民性か。。。!




先導するおっちゃんも振り返り振り返り確認してくれ、ゆっくりなスピードで進んで行ってくれました。

10分後、無事、ホテルに到着。
バイクのおっちゃんと、お兄さんにお金を払おうとすると、

「いいよ、いいよ、マイペンライ〜」


なんてこと!いやいや、そういうわけにはいきませんよー!!!

そう思ってたら、ホテルの従業員の女の子が出てきて、おっちゃんと話して、

「あなた、20BT払ったがいいよ」

って。いやそりゃそうです。もちろんです。
2人は、いらないよ〜って言ってくれてたんだけど、おっちゃんに20BT、払いました。
お兄さんもにお礼したかったんだけど、手持ちが大きいお金しかなくて、なにもできなかった。ごめんなさい。

最後まで笑顔で、バイバイー!って去っていった彼ら。本当にありがとうございました。


従業員の女の子は私の足を見て「転んだの?」と苦笑い気味。笑

そうでしょう、そうなると思ってたよね。私がおばちゃんにめっちゃ心配&警告されてるの見てたもんね。

他の擦りむいてたり砂が付いてるとこも見て、「大丈夫??」って。

多分、どっかで転んで、運転できなくて、セブンイレブンのお兄さんが代わりに運転してきてくれたんだなって思ってるんでしょう。
ちょっと違うけど、まぁでも、ほぼ間違ってないw

バイクもちらっと見て、特に何も言われませんでした。
ガソリンのメーターチェックもなし。
よかった。


荷物を取りに行って、足と手を洗います。

ちょっと擦りむいて、足の甲腫れちゃった。






共有スペースに荷物を取りに行ったら、ドミトリーで一緒だった女の子がいました。

そういえば、朝話した時に、今日ロットトゥーでバンコクに戻るって言ってたなぁ。

バンコクまで一緒に行ってもいい?って聞いたら
オフコース!!」

やったぁー!




イングランド人のサマ

1年間のロングバケーションで、もう今8ヶ月旅をしているそう。


サマと一緒に来てた男の人(この人もイングランド出身)がいて、2人はカップルかと思ったら、そうじゃなくて、2日前に会つたばっかりだと。
アユタヤまで一緒に来て観光して、今日、彼はチェンマイ、彼女はバンコクへと別れるんだそう。


友達の男の人(名前聞き忘れた)も一緒にロットトゥー乗り場まで来てくれます。

サマに、値段交渉までしてもらっちゃいました。

バスのおっちゃんは、
「あんたらのバックはtoo bigだからダメだよ。100BTだ。」
って言ってたんだけど、最終的に90BTに。

人がいっぱいになるまで待って、出発。

サマ、途中でりんごくれました。

お返しに、はちみつの飴をあげました。

出発から約2時間経ったところで、
BTSの駅だよ!」
と、ロットトゥーから降ろされたので、一緒にBTSの駅を探します。

Mo chit(モチット)駅から
On Nut(オンヌット)駅まで
42BT(135円)
電車に乗り込むとサマが、
「あなたの方が距離が長いから」
と、1つだけ空いている席に座らせてくれました。


9個目の駅、Nana駅で、サマとお別れ。

Good luck!!」とお互い言い合い。


サマ、いつでもとっても素敵な笑顔で、決しておしつけがましくなく、短い間でしたがとても助けられました。
イギリスにいい印象を持ちました。

そのまま乗り続けて、On Nut駅まで。

駅から、歩いて10分くらいかな。

今日の宿に到着。

suica house(すいかハウス)



初めての、日本人宿です!


日本語が話せるー!(;ω;)

規約をよく読んで、3泊分の宿泊代を払います。
380×3=1140BT(3,673円)


共有スペースのホワイトボードに、明日水上マーケットに行く人募集されていたので、書き込んでおきました。
ちょうど行きたかったので、嬉しい♡

とにかく汗だくだったので、シャワー浴びて、一息つきました。
共有スペースに行くと、同じドミトリーのお部屋のいちこさんからビールを頂きました。ありがとうございます。

そういえば、千葉さんと別れてから一滴もアルコールを飲んでませんでした。

いちこさんがお部屋に戻ってからも、共有スペースでのんびりしてたら、初めましての方が。

ゆうたくん、ゆうじくん。
卒業旅行で、カンボジアからタイに今日着いたそうです。
しばらく、一緒にお話。2人も水上マーケット行くってー!やったー!

7時15分集合なので、12時すぎにはお布団に入りました。

今日は濃い一日だったー。
明日は日本人と観光楽しみー♪♪


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村