あゆみの歩む道

31歳 女一人旅。1か月半の東南アジア旅が終わり、5月下旬から3ヶ月フィリピン留学、8月下旬より西回り世界一周スタート予定。

世界一周ひとり旅を辞めた理由。ひとりじゃなくて…?

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村



みなさんお久しぶりです。あゆみです。


更新頻度が日に日に落ちてしまって、ブログを書く習慣もあまりなくなってしまった最近ですが、、、、これはいけない!と、また書き始めることにしました。


4月の記事がまったく終わっていないのですが、もうそれは放置して(時間があるときに更新していく気持ちは今のところあります。なんてたってメインイベントのソンクラン書き始めてないからねw)

とりあえず、ご報告をば。










もうすでに何人か知っていたり、なんとなくそうかなって気づいている方もいるかとは思いますが。。。









私、世界一周ひとり旅、辞めます。











……と言うと語弊がありますね。

正しくは。













世界一周、2人旅になりました。








そうなんです。度々ブログに登場していた、ケンさんと一緒に世界を周ることにしました。






遡ること5ヶ月前。

4月14日、ケンさんがタイから日本に帰国する日に、お付き合いが始まりました。

元々ケンさんはバックパッカーではありませんでした。前の仕事を辞めて、1ヶ月の短期旅行として東南アジアに来ていたのです。旅中もちょいちょい転職活動していたみたいだったので、この日、日本に帰ったらもう旅はおしまいの人。

でもね、ケンさん行きたいとこ世界中にいっぱいあるんです。私の知らない所も沢山知っていて、「ここがこうでこうなっててね、いつか行きたいねんなー」ってウキウキして話す姿はまるで子供のようです。せっかく仕事辞めたんだから、それ、今から行ってもいいんじゃない?って付き合う前から思っていた私。

なので、
「付き合うってなったし、ちゃんと仕事しないとな〜。」
と、真面目なことを言ってくれてたのを無視して、一緒に世界一周しない?と勧誘。

そこから、何度かの話し合いの後

「ほんまに俺一緒に行ってもいいん?迷惑じゃない?」

と言わせるまで追い込み(?)無事に2人での世界一周が決まりました。








出会って、付き合って、旅に出る。

ここまでで5ヶ月。すごいスピードだなぁと思います。

でも、あまり不安はありません。だいたいにおいて、私達はいい意味で気を使わずに一緒にいることができます。また、何かと気が合うことが多く、観光は割とのんびりペースで回りたいってこととか、気に入ったとこに長くいたいタイプ(沈没型とも言う)という所も同じです。ですので、旅の仕方でいざこざになるのは最小限になるかと思います。






ケンさんはとにかく穏やかで、優しくて、なんか無害な人です。

言い方悪いですが、こんな素敵な人がポツンとタイに転がってて(すいかハウスの隅っこに体育座りしてて)、運良く出会えた私は本当にラッキーです。

元々ひとり旅の予定だったので、急に2人になったのに多少の違和感はありますが、これからは2人でなるべく仲良く健康に安全に、世界一周ができればなと思っています。





そして、これからはケンさんにもたまに記事を書いてもらう予定ですので、楽しみにしててもらえればなと思います。




以上、ご報告でした。

(私たちのキューピッド的日本人宿、すいかハウスにて。そう、実はもう既に出発してるんですよね…。あといくつか記事をあげたら、ブログカテゴリーも変更しようと思います。)



1日1回クリックしてもらえると、ランキングが上がります!協力お願いしますー!
このブログ、昔は1位の頃もあったのに…今や見る影もないw
ページが切り替わればクリック完了です!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

【再タイ4日目】チェンマイ2日目はひたすらのんびり。ここは代官山なのか?!

下のバナーを1日1クリックしてもらえると、ランキングが上がります!
ゼヒ協力よろしくお願いしますー♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村


4月10日(月)

昨日は結局寝たのが3時過ぎで起きたのが7時。お決まりの2度寝をして10時に起きました。

体調はだいぶ良くなってきました!
痰も緑から白になって、鼻うがいも変な色じゃなくなってきた。ただやっぱり耳は変わらず。


今日はノープランです。誰もプラン決める気ない。やる気ないw
かろうじて最年少みづきくんが「今日プランなんもないけどいーんすか?」って流石の責任感で聞いてくれる。しかしケンさんもゆうこちゃんもその返事は曖昧w「んー、、、いーんじゃない?」みたいな。で、どこ行くかはみづきくんに決めてもらうみたいなw

歳下に甘えまくる歳上達。

とりあえず12時過ぎに朝食という名のブランチをとりに出発。当然みづきくん先頭。このメンツ自分で動く気ない人ばっか。ほんとにみづきくんに頭が上がりません。



そんなみづきくんナビで辿り着いた場所は、タイにあるまじき(失礼)おしゃれすぎる雰囲気のカフェ。あれ、ここって本当にタイ?


メニューもおしゃれ!オサレ!!
全部めちゃくちゃ美味しそう!

このバケットの種類がありすぎて、迷う迷う!

それぞれ好みのものを注文。しばらくすると料理が出てきました。


みんなでシェアしたこのプレート大当たり!マンゴー美味しかったー!

これ完全に代官山の味。おしゃれ味。

小さなお店だったので、仲良く横並びで。

お値段はそこそこしましたが、一同大満足でお店を後にしました。






歩きながら不意にカメラを向けると、みんななにかしらポーズをしてくれるw

1

2

3

wwww






そのあとは男女別行動となり、私はゆうこちゃんと脚のマッサージへ!
毎日サンダルで生活していると、日本に住んでいた時とは比べものにならないくらい踵がガサガサになります。生まれて初めてかも、こんなに汚い踵。剣道してたときもここまでならなかったよ。

という私の希望で、ちゃんと角質ケアもあるマッサージのプランにしました。

脚だけのマッサージはタイで初めて!相変わらずちょい強くらいの圧でしたが、だいぶ慣れてきて気持ちよかったー。肝心の角質ケアは、ちょちょっとやった程度で思ってた感じとは違いましたがw


1時間300BTに余っていた14BTをチップとして渡しました。合計314BT(1030円)
相変わらずタイのマッサージは安い。


16時前に、男性陣と合流。私たちがマッサージで癒されていた頃、彼らは彼らで優雅にカフェ男子していました。

【Library coffee】
ここもタイということを忘れてしまいそうなおしゃれな空間。(手前のシェー?してる猫が全てを台無しにしてる感はあるけど)

世界各国の本が並びます。日本語の本も少し。

なんか地球儀ぶら下がってる。


全体的にお客さんも少なく、まったりとした時間が流れています。



私はパイナップルシェイク85BT(280円)を注文。

ちなみにそのあと頼んだ水は14BT(46円)でした。



リラックスできるとは言ってもやはりそこはお店の中ですから、みんな最初はお行儀よくしてたのですが

あれ?

ここ、すいかハウス?共有ルーム??


段々みんな寝そべり出すw

しかも気づいたらお客さん私たちだけでした。


飲み物もなくなっているというのに延々と居座り続け、カフェを後にしたときにはすでに日が暮れているという、、、。

ありがとう、Library coffee。


そこからソンテウで夕ご飯を食べに移動!1人30BT(98円)


適当に見つけたお店で、何品か頼んでみんなでいただきまーす!



お腹いっぱいになった後は、またふらふら〜と移動。昨日行ったターペー門まで戻ってきました。

中に入ると、昨日のサンデーマーケットの賑やかさとは打って変わって静かな雰囲気。少し歩いてみましたが、なにもなさそうだったので外に出て外縁をのんびりお散歩することに。


ここでもポーズしてくれる3人。

何のポーズなのかは不明。

夜のお散歩って好きです。外壁が街頭に照らされていて雰囲気出ています。


ちなみにこのあたりめちゃくちゃコクローチさんが出ます。要注意。
綺麗な夜空を眺めて歩きたいのに、ずっと足元みて歩くはめに。



プチナイトマーケットみたいなとこも行きました。

ドクターフィッシュのビッグフィッシュverを外国人の子供たちが体験してました。


ここのジェラート美味しかった!






せっかくのチェンマイ最後の夜。このまま帰るのも味気ないし、どこかで1杯だけ飲んで行こうということに。
適当に決めたお店のテーブルにゲームがありました。テンション高めな私たち。そりゃ勝負し始めますよね。

最初は和やかな雰囲気だったのですが

次第に真剣にw

意外とゆうこちゃんが強い。(失礼)この写真、私ちょっと半泣きに見えるww


みづきくんと私。

沢山勝ってにっこにこなゆうこちゃんw



とにかくゆうこちゃんがやたら強くて、私が劇弱だったのは覚えてます。あとの2人は知らない。記憶がないw

ビール飲みながらきゃっきゃして、一通り勝負がついた所で終了〜。

帰路に着きます。

こうしてわちゃわちゃチェンマイ4人旅2日目は終わりました。


ついに明日はバンコクに帰るぞー!!











ケンさんの手。


1日1クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

【再タイ3日目】ついにチェンマイへ。1番盛り上がるサンデーマーケットへGo!!

1クリックお願いしますー!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

4月9日(日)

深夜バスに揺られて、気づけば6時半。
なんだか身体の熱さと痛みが取れている気がします。熱を測ってみたら、36.9℃。おー、下がっている、、、!

よく眠れました。椅子だったからよかったのかも。痰や鼻水はまだ緑〜黄色。耳も相変わらず聞こえない。 でも熱が下がっただけで大分身体の辛さが違う!


チェンマイの文字。

しかし、2人とも本当に休憩所で起きずにチェンマイまで来てしまいました。ガチの爆睡w

バスターミナルに到着しました。

ここで先に到着していたみづきくんとケンさんと合流。宿に移動します。

チェンマイにはソンテウ(トゥクトゥクの上位互換版)が多く、安価で移動できます。
ソンテウ1人35BT(115円)
2人はお疲れの様子。私達が着くまで待っててくれたし、あと夜行バスがとにかく辛かったらしい。ゆうこちゃんと私は割とけろっとしてたけどw

チェンマイの日本人宿といえば!


もちろん、【スローハウス】さん!

オーナーさん?も偶然同じあゆみさんというお名前でしたー!

黒板に私達の名前が書いてありました。ここを見れば今何人宿泊しているのかを知ることができます。

ここのドミは男女混合です。大きな部屋に、2段ベッドが6つくらいだったかな?もうすぐソンクランだからかお客さんはいっぱいで、床にお布団を敷いて寝られてる方もいました。

ゆうこちゃんが下のベッド譲ってくれました。ありがとーーー。上の段だと、なんだかなかなか眠れないんです。。


荷物を置いて、とりあえずみんなで歯磨きして。

この写真なんかシュールw


一息ついたところで、お昼ご飯を食べに行きます。

カオソーイ屋さん!

なかなか人気のお店のようで、沢山の写真が貼ってありました。雰囲気もいい感じのお店。


料理はこんな感じ。


私には辛くてちょっと刺激が強すぎましたが、味は旨味があって美味しかったです。1人73BT(240円)

お腹は満たされましたが、もちろんご飯だけじゃ終わりません。
チェンマイ来訪2回目ケンさんオススメのシェイク屋さんへ。

マンゴーシェイク55BT(180円)
これ、濃厚で美味しかったーー!タイのフレッシュジュースは総じてクオリティーが高いと思う!!日本にもこういう手軽にシェイクがテイクアウトできるお店が普及したらいいのになぁ。


出来上がりを待ってるゆうこちゃん。興味津々で眺めてる姿が可愛らしすぎる♡

みんなで。


その後、みんなはショッピングモールに行くようだったので、私はここで分かれることに。まだ体力が戻っていないので無理は禁物。

しかし、1人で宿に戻ったはいいのですが、余り眠くならずついつい漫画に手を出してしまいました、、、。
僕だけがいない街
藤原竜也が主演で映画化してたやつ。
読み始めたら止まらなくて、途中みんな戻ってきて仮眠を取る中、一気に6巻まで読んでしまった。。。身体を休めるはずだったのに、何をしているんだろうw

18時過ぎにサンデーマーケットへ。
マーケットのある場所までソンテウで移動します。130BT、1人33BT(108円)


このお堀の内側が旧市街地。この中で日曜に行われるサンデーマーケットが週の中で一番賑わうそう。


早速ぶらぶら歩きながら散策を開始。


私達が着いたのは夕方でしたが、時間が経つごとにどんどん人が増えていきます。早めに着いておいて正解かも。

入り口近くのお店で発見した、ゾウさん模様のトートバッグを買うのを迷っていたら何故かケンさんが買ってくれました!写真ないけど、大容量なのにちゃんとチャックもついてる優れもの。ありがとー!

ここで日本へのお土産にココナッツオイルも購入しました。パンガン島で作られてるオーガニックのココナッツオイル。うん、良さそう。


ホームランバーみたいなアイス。

みんなで買い食い。


全員違う味w

道の真ん中に看板。

こっちは看板犬。



マーケットの中心にはお寺もありました。

ここで、すいかハウス仲間のタカさんと合流〜〜〜!!タカさんは先にチェンマイに来ていたみたいです。

5人でぶらぶら歩き、しばらく進んだ所にちっちゃなたこ焼き屋さんを発見。
しかし、本当に正真正銘のたこ焼きなのか、、?と、生粋の関西人2人が検証することに、、、。

タカさんケンさん。

見た目は完璧なたこ焼き。

果たして、お味は、、、、、。

「…うん、とりあえずたこは入ってないね。」

やっぱり。そうじゃないかとは思ってましたが。うーん、こういうの、何焼きって言うんでしょうかね?まぁでも普通に美味しかったです。


しゃがみこんでチワワのように食べてるみづきくんw



ゆうこちゃんは、小さな服屋さんで大ぶりのピアスを購入してご満悦。

ゆうこちゃんが何かしてると、とりあえずカメラを向けたくなってしまう不思議w


私は自分と有馬くんのお土産用にタイパンツハーフ丈2枚と、友達などの子供用に子供用の3枚を購入。
ちっちゃい子がタイパンツ履いてるのめちゃめちゃかわいいんです。子供がいる人は絶対に履かせて欲しい!激かわ!




夜ご飯は屋台めしで。色んなお店から買ってきて、1つのテーブルで食べる感じ。このシェイクも美味しかったなー。

お腹いっぱいでナイトマーケットも満喫し、タカさんとはバイバイ。4人で帰路に着きます。

ソンテウ1人30BT(98円)
ちょうどソンテウを降りたところに、いい感じにガンガン音楽流れている野外バーみたいな所を発見、、、、ついつい、もう一軒行っちゃう?って流れにw




とりあえずビールを頼んで。60BT(197円)


そのあと男性陣がおつまみを買ってきてくれました。

ここには確か1時間くらいいたんだけど、周りの音楽が爆音すぎてみんなの声が全然聞こえませんでした。まったく会話にならないw
でも、なんか楽しい!よくわかんないけど楽しかったよ!

みづきくんは余裕なのに、ケンさんはもう撃沈寸前です。

みんなで写真撮りたかったんだけど、私がやるとどーしてもぶれてしまい、何テイク目かわからなくなったくらいにやっと成功した写真。まだぶれてますがw

みんなまぁまぁ酔っ払った所でお店を後にしました。いや、みづきくんはほぼシラフなのか。他3人が基本的に弱すぎるからw

宿に戻る最中、誰かしらが「アイス食べたーい」と駄々をこね始めたので、コンビニに向かいみんなで仲良くアイスを購入。
日本の地元の不良のようにコンビニ前にたむろしながらアイスを食べましたw




宿に戻る際、ふと夜空を見上げると、綺麗な星空が。建物が低いから、星がよく見えます。
酔いが回っていい気分だったのもあり、気づいたら隣にいたケンさんとRADの「トレモロ」とバンプの「天体観測」を熱唱してました。

多分宿に着くまで5分足らずの道のりでしたが、なんだかその時だけ時間の進みが遅くなったような、不思議な感覚でした。

今でも、トレモロを聞くとあの時の夜空を思い出します。ただ歌っていただけなのになんだか特別な気持ちになりました。なんとなく、あの夜のあの気持ちはずっと忘れないと思います。

(前を行くみづきくんとゆうこちゃんに、もうすぐ宿だからちょっと声大きいよ、と注意された気がするのはここだけの話。)




1日1クリックよろしくお願いしますー!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

【再タイ2日目】カード付帯の海外旅行保険を使って病院にかかってみた。そして、夜行バスでチェンマイへ、、、!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村


4月8日(土)
9時に咳と腹痛で起床。寝ようとしても咳込んで起きてしまって眠れず。

おかしい、昨日より悪化している。
(あんだけライブではしゃいだら当たり前。)
ここまで来ると、さすがに病院の受診を考え出します。

とにかく何か食べて薬を飲もうと共有ルームへ。起きてきたこうせいさんにも、病院行った方がいいよ、と言われたので、こうせいさんの携帯を借りてカード会社の緊急時連絡先に電話します。

私は、今回の旅では海外旅行保険には入っていません。カード付帯の海外旅行保険のみです。
ちなみに、今回使ったのはエポスカードです。カードを使用しないと使えないという形のものとは違い、持ってるだけで利用できるから便利だし、無料で作れるカードの中では補償額が良いと評判のカード。元々持っててよかった。

日本語のオペレーターの方が出るので英語が出来なくても安心です。その方に何件かの病院を紹介してもらいました。

バンコクホスピタル
②サミティベートスクンビットホスピタル
③バムルングラットインターナショナルホスピタル


その中で一番すいかハウスから近そうだった、③バルムングラッドインターナショナルホスピタルを選択。
オペレーターの方からも病院に連絡を入れてもらうことに。一応受付時間を調べてみると24時間対応。素晴らしい。


ちなみに、なんで今日病院に行こうかとしているかというと、どうしても今日中に体調を改善させたい理由があるんです。
実は、前々から計画していたチェンマイへのプチ旅行がありまして、、、。それが今日の夜に出発なんです。
メンバーはみづきくん、ゆうこちゃん、ケンさん、私の4人。
元々ゆうこちゃんと2人で行こーって言ってたのが、私とケンさんがカンボジアに行っている間にみづきくんが加わり、当初その期間にシンガポールに行こうとしていたケンさんも、なんだか知らないけど前日にプラン変更してこっちにジョインする流れに。しかもケンさんチェンマイ2回目w

そう、だからチェンマイをエンジョイするためにもここで病院に行っておきたいんです!


また、必然的に今日はチェックアウト日でもあります。しかし今は荷物をまとめている気力も時間もないので、とりあえずバックパックカバーに全部詰め込んで鍵だけして、戻ってきてからやることに。あー、もう、バッタバタ。


みづきくんとケンさんに私とゆうこちゃんの洗濯物を託し(今日はゆうこちゃんも出発ギリギリまでお出かけ。忙しいw)11時半過ぎにすいかハウスを出発。タクシーを捕まえて病院に向かいます。100BT(333円)


大きなビルで一見病院には見えません。

入り口はこんな感じ。

日本人専用ラウンジ、、、!

内装も日本仕様。もう、なんか高級ホテル?

海外旅行保険の紹介先病院って、割とこんな感じのところが多い気がします。保険会社にがっつり医療費請求できるからね。

受付で問診票を記入。海外旅行保険の同意書みたいなのを書いたり、タイでの滞在先の住所や電話番号も記載。
あ、あとびっくりしたのが、受付で写真撮影がありました。何かと思ったらのちに手首に付けられる個人のIDが写真入りだったという、、、。

すごい、、、。初めて見た。


問診票を記入し終わったらしばらく待機。

こーんな広いラウンジに。

しかも野菜ジュースが無料。

そりゃもちろん飲みますよね。

名前を呼ばれ、血圧、検温、身長、体重測定(いるの?)
その後のレントゲンまでは順調。
レントゲンの為に着替えるスペースもこんなに広くて清潔。すごい。日本以上の設備なのでは、、、。

レントゲン撮影終了後に受付に行って紙を渡したら、ここに座っててと言われ待つこと1時間。。気づいたらほぼ私以外患者さんがいなくなってしまいました。ん?ちょっと様子がおかしいな。(気づくの遅い)

あとどのくらい待つの?と看護師さんに聞くと、、、、、、
なんと、待機するフロアを間違えていました。Aフロアに行かないといけないところをDフロアに来てしまっていたようです。ばか。
だって、みんな同じような作りなんだもん。。。

そそくさとDフロアに移動すると、フロア間で情報が伝わっていたようで、間も無く診察室から名前を呼ばれましたw


担当してくれたのは優しそうな女医さん。
結果としては、喉が腫れてるのもそうだけど、鼻が蓄膿炎を起こしてるって。特に右側。
5年前に蓄膿症の手術したので、なんとなくそうなんだろうなとは思ってましたが、やっぱり、、、。
ちょっと長めに抗生剤を出すので飲みきってください。あと、生食で鼻の洗浄をしてください。辛いものや刺激物や乳製品を食べないでください。とのこと。


ちなみにこれ全部日本語通訳の方がついててくれたので、日本語での説明です。こんなん英語で聞き取れるわけがありません。まじで通訳の大切さを実感、、。


診察が終わったら会計です。
と言ってもキャッシュレス対応になっているので、指定の用紙にサインをするだけで終了です。簡単。

最後に院内薬局でお薬もらいます。
お薬の説明を薬剤師さんがしてくれたんですが、両方の耳があまり聞こえない中、早口の容赦ない英語で説明されたのでまったく聞き取れません。しかもここは通訳なし。めっちゃ焦りました。結局帰ってからネットで飲み方調べたし。。。。w

なんだかんだで全部終わったのは16時過ぎ。とにかく病院が寒すぎて身体が冷えました。。。病院の中にいると余計体調悪くなる、、、。
タクシーを捕まえて、100BT(333円)で帰ります。。。


早くお薬を飲みたかったので、ご飯をセブンで購入。パスタと水とウィンナー62BT(206円)

お薬こんなにもらいました。

袋がビニール袋ではなく紙袋でした。高級感が袋からも滲み出ている。

とりあえず今飲めるものは全部服用。効いてくれよー。


私がそんなこんなしてるうちに、みづきくんとケンさんは一足先に夜行バスへ乗るためにすいかハウスを出ていきました。そう、急遽2人が参加することになったため私達と同じ時間帯のバスは取れず、行きは男女でバラバラに出発することに。ゆうこちゃんがチケットとってくれてた夜行バスの方が遅めなんです。


私達がすいかハウス出るちょっと前に、みづきくんから連絡が入りました。
「めっちゃ混んでます、カオスです。女性陣早く来た方がいいですよ」と。

た、確かにこれはやばい、、、。


あまりのカオスっぷりに、ケンさんおこ。




みづきくんのアドバイスを受け、予定より少し早く出発することに。
熱でフラフラの私を、ゆうこちゃんが先導して連れてってくれます。ちなみに、ゆうこちゃん前日30分睡眠。本日1日お出かけからのこれから夜行バスで移動というなかなか無謀なスケジュールwかわいい顔して半端ない体力、、、。


モチット駅からはバイタクに乗ってバスターミナルまで。


幸運にも私達が着いたときには混雑のピークが過ぎていたらしく、人もかなり減っていました。よかったー。


外にある発券所で無事、チケットゲット。(ゆうこちゃんが)


時間までまだあるのでとりあえずベンチで待機。なんか食料あるかなとゴソゴソしたら、偶然2人ともM&M持ってたw持ち物から甘いもの好きが溢れ出ているw

出発時間近くなったので外に出てみると、ありました、私達が乗るバス。

23時発のチェンマイ行き。


乗り込んだら、パンとお水が入ったボックスもらいました。

笑ってるけど満身創痍の2人。夢の世界まで5秒前だったと思われます。

時間ぴったりにバスは出発。記憶がないですが、多分速攻で私達は眠りにつきました、、、。起きた時にはチェンマイに着いていることを祈りながら、、、。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

【再タイ1日目】人生初の海外LIVEに参戦!COLDPLAYライブレポ(と言えるほどのレポは書けません)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村
4月7日(金)

起床7時半。結局また3時間くらいしか眠れず。。。
体調も変わらず。咳と痰がやばくて身体がめっちゃダルい。熱を測ったところ36.9°。平熱が35.5°だから微熱程度。
ただ、やっぱり恐れていたことが起こりました。左耳ほぼ聞こえなくなってるー。
私、元々アレルギー体質で耳も鼻もあんまり良くないんです。常に滲出性中耳炎になってて、熱が出ると悪化するのでしばらく前からその時用の薬を飲んでたんだけど、やっぱりダメでしたー。
正確に言えば聞こえないのではなく、音が反響して聞こえて籠っちゃう感じ。熱が引いてしばらくすれば治ってくるんだけど。。。ライブの日にちは変えられません。

共有ルームにいたゆいさんという方が、咳き込みまくっている私を見かねてお薬をくれました。
ゆいさんは短期旅行で、これからカンボジアに行くとのこと。使い切れなくて余っていた10000リエルがあるので、お礼の代わりにお渡ししました。これ、日本の感覚で数字だけ見ると私が超太っ腹な人ですけど、10000リエルで水とお菓子1個買えるか買えないかくらいだったと思います。しかも私のじゃなくてケンさんのリエル。

しばらくしてケンさんも起きてきたので、一緒に洗濯。洗濯機1人15BT(50円)
この時に頂きもののスクラバウォッシュは完全にお亡くなりになりました。色落ちするタイパンツだけ別で洗おうと思ってスクラバさんにinして、よし、ゴシゴシするぞ!と勢いよく空気を抜いた瞬間、バルブの部分が吹っ飛んだw

昨日買っておいたお粥を作って食べて、お薬飲んで、ライブまでもう一度寝ることに。


16時ちょうどにゆうこちゃんが起こしてくれました。薬のおかげか、2時間くらいぐっすり寝れました!
ライブなので持ち物は最低限。とりあえずタクシーを捕まえて会場に向かいます。

しかし、ここで問題発生。

出発して少しした所で、渋滞が半端なくて全然動きません。タイの渋滞を舐めてました、、、。メーターだけがどんどんあがっていきます。

それでもしばらく乗っていましたが、時間は18時40分。ライブ開始まで1時間を切った時点で、このままでは到底間に合わないと判断し、途中下車。150BT(500円)
3人で間に合うかどうかの計算をしながら会場に向かって競歩ばりの速度で歩いていると、前方にバイタクを発見!!!

これを逃す手はない!と、ゆうこちゃんと2人で乗せてもらうことに。3人はさすがに乗れないのでケンさんは別のバイタクで。
運転手に、私達一緒だから一緒の所に降ろしてね。と告げて、出発!!

バイクに渋滞は関係ありません。こーんな渋滞してる車の間をスイスイ抜けていきます!気持ちいいー!


バイタクのお兄ちゃんに身を任せながらも、ここではぐれてはなるまいとケンさんのバイクを時折確認しながら走っていました、が。。。。


私達の前を行くケンさんバイク、直進。

私達。。。。。。右折。



えー!!速攻ではぐれたーーー!!
お兄ちゃん、言ったじゃん。私たち一緒に行くんだよって。。。
まぁはぐれてしまったものは仕方ない。会場に着いてから考えよう。


こんなこともあろうかと、私達は出発する前に決めていました。
「もし、逸れたら会場の近くにあるセブンで待ち合わせにしよう。で、もし50分まで待っても来なかったら、別々で入ろう。」
うん、素晴らしい計画性。決めてくれたのはケンさんとゆうこちゃんだけど。



バイタクは160BT(532円)で会場の入り口前に到着しました。
【Rajamangala National Stadium Bangkok
かなり広い会場です。3月に行われていたサッカーの日本対タイの試合もここで行われていた模様。

降ろしてくれた場所のすぐ近くにセブンがあったので、ゆうこちゃんと「これだ!」と駆け寄って近くで待ってみるものの。。。一行にケンさんが現れる気配がありません。
セブンでシェイクを買いつつ(19BT 63円) 50分過ぎても少し待ちましたが、そもそもケンさんのバイクの方が先に到着しているはずなので、いないのはおかしい。てかケンさんが時間を過ぎてもセブンに来るなんて考えられない。絶対ワクワクが止まらなくて先に入っているはず(ひどい)
ってことで仕方なく、2人で会場に入ることに。


入場すると、缶バッジとリストバンド型のライトが配られました。もう一つ手に持っているのはライブのチケットです。カード型でオシャレ!

入場して速攻で物販に並ぶ私達。グッズを見てるだけでテンション上がります。
何買おっかー?とゆうこちゃんと相談していたら、なんと私達の1列前でまさかのTシャツSOLDOUT!てか実はグッズはパンフレットしか残っていないという衝撃の事実。うーん、パンフレットは正直いらないです、、、。

順番が来てしまったので売り子のお姉さんの前まで行き、ほんとにないの?他の物販には残ってないの???と、ゆうこちゃんと2人でゴネていると。。。
「あとちょっとで、XLなら届くよ。」
と。
XL。。。一瞬顔を2人で見合わせましたが。。。。これは買うしかない!
って、ゆうこちゃんがXL着るって完全にワンピースになるやつですけどねw

万が一ケンさんが買えてなかったら可哀想なので2枚購入。1枚1200BT(4000円)


中に入って、ライトを手首に装着!

会場は既に前座のタイ人アーティストのライブが始まっていてなかなか盛り上がってました。1階はほぼオールスタンディングなので今出てるアーティストを見たい人は前の方に行ってて、後ろはメイン待ちまたはのんびり聞いてる人達しかいなくて余裕で歩くスペースがありました。
とりあえずTシャツに着替えて、ケンさんと合流するべく隅から隅まで歩いてみます。
広い会場を1往復半しましたが、それらしき人は見つからず。。。。もーしょーがないよねーって半分諦めて荷物を整理していたら、遠くからケンさんらしき人を発見!

よかったー!再会できました!

てかケンさん、普通にTシャツ(しかもLサイズ!!)買って着てて、手にはコーラで1人観戦する気満々だったっていう。。。w

何はともあれ合流できたので、みんなで見やすい場所に移動します。ここは音楽好きフェスマスターの2人にお任せ。おかげでちょうどいい位置を確保できました。



めっちゃお客さん入ってます。

Goproで撮ると会場の広さが際立ちますね。


3人で。

このライブはカメラ持ち込み禁止とか、動画撮影禁止、とかありませんでした。じゃんじゃん撮って、バンバンSNSに流してねって感じ。海外だとそれが普通みたい。

人種も様々で、アジアからユーロ圏まで多種多様。さすがCOLD PLAYだな、と。

しばらくすると、少しずつ会場の明かりが暗くなり、イントロダクションのアナウンスが流れます。(もちろん全部英語で私は意味不明)そして、アナウンスが終わると腕につけていたリストバンドが光りだしました。
おーーー!と会場全体に歓声が響き渡ります。
暗い会場のなかで観客全員のライトが一定のリズムで点滅したり、色が変わったり…すごい!めっちゃ興奮!!
オープニングとともに花火が上がり、テンションマックス!

最初の曲はライブのツアータイトルにもなっている

A Head full of dream

からの

Yellow〜〜〜!!

私が知っている2曲のうち1曲!!w
嬉しくて飛び跳ねまくります!

それからも、ステージを変えながらライブは続きます。
動画ももちろん撮ってOKだったので、何曲か丸々録画しましたー!


驚いたのが、アルバム曲がメインの構成だったのにみんな割と歌詞を覚えていること。完全に私たち準備不足。

でも歌詞なんて覚えてなくても、身体に響くサウンドが心地よくて、会場全体がハッピーなパワーに包まれていました。一体感がとても気持ちよかった。

性別も人種も関係なく、一つの音の重なりでここにいる人々が同じ気持ちになれるよってすごい。音楽ってすごい。

もう、この時は体調悪いのとか全部吹っ飛んでました。アドレナリンが出すぎてめっちゃ元気だったw

客席にいくつもの大玉ころがしで使うような大きな色とりどりのボールが飛び出てきたり、紙吹雪が舞ったり、花火が上がったり、演出もすごかった!日本のライブもこんな感じなのかな??


中盤、お馴染みのViva La Vida(2曲しか知らないくせにお馴染みと言ってみるw)で更に会場は盛り上がり


最後の方に
The Chainsmokerとのコラボ曲の
Something Just Like This も!

この曲、後にめちゃめちゃお気に入り曲に昇格しました。かなり売れているようで、フィリピンでも女性のカバー曲がいつもショッピングモールに流れています。




そんな感じであっという間にライブは終了。
息つく暇もない2時間半?3時間?でした。終わってもしばし余韻に浸ります。


地面にはライブの時に舞っていた紙吹雪がいっぱい。もちろん全種類お持ち帰りw


みんなでパシャり。


あ、ちなみにこれがCOLDPLAYのワールドツアースケジュール。見やすいように下でTシャツのシワを伸ばしているのは私です。


さて、ライブが終わった時点でもう電車はありません。大勢の人とともに、とりあえず外に出ます。

ジュース(35BT 116円)を買って喉を潤しながら、タクシーを捕まえるために歩き出します。
少し歩いた所にロティを焼いている屋台があったので、買って持って帰ることに。なんかやたら混んでて焼きあがるのに25分かかりました。

待ちきれずに座り込むヤンキーゆうこちゃん。


ロティを焼いてるおじさん。

焼き上がったロティ(90BT 300円) を手に、タクシーを拾いに再度歩き出すも…一向にタクシーが捕まりません。ってかタクシーを捕まえようとする人数が多すぎます。

これ全部コールドプレイ難民。



すると、けんさんがおもむろにノートとペンを取り出し。。。

ヒッチハイク始めたーーー!

まじでー?と思いましたが、始めると同時にタクシーとバイタクが私たちの前に止まってくれました。ヒッチハイク侮れん。。。。

てか止まってくれたはいいけど、バイタクは3人乗れないよね。。。と思って断ろうとするとバイタクおっちゃん、

「オーケーオーケー!乗れるよ!」

って。マジで!?


危なくない?捕まらない?とも思いましたが、好奇心に負けてまさかの4人乗りにチャレンジすることにww

ゆうこちゃんを前に乗せて、ドライバー、私、ケンさんの順。

ほぼ固まってるゆうこちゃんの後ろで、嬉しそうなバイタクのおっちゃん。ゆうこちゃんめっちゃ気に入られてたw

4人乗りバイクが走り出しました。まじで前代未聞です。普通の原チャですよ?しかももちろんノーヘルだし。。。
クレイジーすぎて終始笑いっぱなし。私は真ん中の一番楽なポジションにいたけど、ゆうこちゃんはほぼ空気イスで頭を左右にも振れない状態。ケンさんもシートぎりっぎりに座ってていつ落ちても不思議ではない感じだったらしい。
しかもこのドライバー普通に片手でスマホいじって自撮りするし!恐怖!!

と言いながら私たちもw


なんだかんだ安全運転してくれていたので、無事にオンヌット駅までたどり着きました。

最後にみんなで記念撮影。



そういえば、帰りの交通手段を確保するのに必死で肝心の料金を聞いてなかったです。いくら払えばいいの?と聞くと「いくらがいい?」って。え、こっちで決めていいん?と「じゃ200BT」と言うと、「いや、250BTだな。」って。なんやねん。
250BT(832円)ね、ちょっと割高だけど貴重な体験させてもらったし、払ってあげようじゃないか。
と250BTを渡すと。。。

なんと
「あとの2人もちょうだいよ。」
ばりに手をこちらに向けてくるではないですか!!

どうやらこのおっちゃんは1人250BTもらいたかったらしい。いやそれはさすがにそれは高すぎるでしょ!!相場の何倍なん?!3人で必死の抗議。しかしおっちゃんも譲らず。。。
最終的に3人で650BT(2163円)になりました。ってかむりやりそれだけ握らせたw
ちょっと後味悪い感じになりましたが、クレイジーな体験させてくれていい思い出になったから、まぁいいかな。




海外で初のライブ。すごく楽しくてタイで1.2を争うくらいのいい思い出になりましたー!

あ、ちなみに、今回のチケットのお値段ですが、、、

驚きの5772.84BT(19,207円)!!!

手数料は3人で20$(2,215円)
あー、貧乏バックパッカーが出していい金額ではない、、、。でも、後悔はしていない、、、。


そして明日からはチェンマイへ。風邪っ引きの私は無事チェンマイ行きの夜行バスに乗ることができるのか、、、乞うご期待!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

【カンボジア6日目】15時間半バスの旅!初の超長距離バス移動に挑戦!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

皆さん、前回のブログ読んで下さってありがとうございました。ケンさんが書いた記事、私も楽しく読ませて頂きました。同じことを体験していても視点が変わるとまた違った感覚になりますね。
個人的にはすいかハウス仲間のゆりなちゃんからツッコミのLINEがきたりの反響(?)が楽しかったですw

ここからは、また私の文章にお付き合い下さい。






4月6日(木)

6時20分起床。
もそもそとチェックアウトの準備をしていると、ケンさんがおもむろに「これあげる」と小さな紙袋を渡してくれました。

何かと思って開けてみると、中にはかわいいミサンガが!

え、どうしたの?なんで?って聞いたら

シェムリアップであゆみさんだけナイトマーケット行けなかったから。世界一周頑張ってってことで。」

と。めちゃ優しい!ありがとう。



さっそく腕に付けました。


うん、いい感じ!
自分だったら選ばない色が新鮮です。


7時に宿をチェックアウトしてバスターミナルへ。ちょっと時間がタイトだったので、早歩きでターミナルに向かいます。

職業柄、各国の車椅子や松葉杖が気になります。


わんこ達かわいいなぁ。


前方にバス発見!

出発時間ギリギリに到着しました。


乗車する前にお互いのBefore写真。

相変わらずの冷えピタマスクw



バスの中はこんな感じです。

シェムリアップから乗ったバスの方が綺麗でした。

どうやらここから出発するのは私たちだけだったようで、乗り込んだらすぐに出発しました。

しかし、このバスやたら色んな所で止まって、地元の方々を降ろしたり乗せたりしていきます。長距離バスってそういうこともするの?





しばらくして、1回目の休憩。

水とピノみたいなアイスクリームを購入して、リエル消滅を図ります。


2回目の休憩で昼食タイムです。

見た目はいいんだけどな、このバス。。

ローカル感溢れる食堂です。


お肉料理だったかな?可もなく不可もなくペロリといただきました。




ご飯を食べながら、なんか鶏の鳴き声がするなぁ。。。と思っていたら


鶏とひよこ!!
他に黒い鶏とかもいて、とにかく沢山放し飼いにされてました。




お腹も満たされ、再度出発。


お腹いっぱいになったら爆睡しだすケンさん。(ちゃんと写真掲載の許可取ってます。)



しばらく走ったのち、ポイペトのだいぶ手前でバスが止まりました。どうやらここで乗り換えるようです。

バスの停留所みたいな椅子に座り、何に乗り換えるのかなー?と待っていると。



まさかの乗用車。


よくわからないまま、言われるがままに乗せらせました。
しかし、この車出発して早々渋滞にはまりました。
まったく動かないなぁ。。。と思っていると、ドライバーさんがどこかに電話をかけています。それからしばらくして、正面から男の人がやってきました。

どうやら、車を降りてこの男の人と歩いて国境までいくようです。もう好きにしてください。


道路の真ん中、渋滞して止まっている車の間を縫って歩きます。


先導してくれた男の人について行って、言われるがままに出国手続き。タイ側の担当者にわかるよう(?)目印のようなカードを首からさげさせられて、この男の人とはお別れ。
ちなみにカードはこんなやつ。


再度、カンボジアとタイの国境を超えます。


ついに、タイに戻ってきましたー!
行きより感動はなく、さくっと。

入国手続きを済ませて、とりあえずコンビニへ。
カンボジアでは一切見かけなかったセブンイレブンに安心感。
飲み物とアップルパイを購入。28BT(93円)
バーツで払うの久しぶりでちょっとテンション上がります。

しかし、タイ側に来たはいいものの予想通りどのバスに乗ればいいのかまったくわかりません。というか、大きな長距離バスっぽいものなんてありませんけど。。。

うろうろしてると、どこかから現れたおばちゃんが私たちの首から下げたカードを見て、あんたらはこっちよ!っとバス乗り場まで案内してくれました。

うん、予想通りのミニバンでした。
東南アジアは総じてミニバンのことをバスと言うのでしょうかw
このカードの写真も明らかにミニバンですもんね。



中は怪しげなライトアップ。

ミニバンには既に何人か人が座っていたため、ケンさんとは並びで座れず前後になりました。


18時に出発。
出発早々、ミニバンのスピーカーから音が出始めたと思ったら強制的に映画鑑賞会になりました。乗客の都合お構いなし。ここは修学旅行のバスの中かw
なんの映画だかわからないし、英語読めないからいいやと思って、お馴染みの水曜どうでしょう動画を観ることに。


ライティングがピンクw



出発して30分足らずでいきなりバスが止まり、なにかと思えば夕飯タイム。
そんな早くに夕飯の時間になるとは知らず、出発前にパンを食べてしまっていました。なので私達は降りずに動画の続きを観ることに。これシェムリアッププノンペンのバス移動でもそうでしたね。


動画が終わっても時間はまだまだある。

あまりに暇なので、途中でマッサージしてみたり。寝てみたり。。。



気づけば辺りはもう真っ暗。
相変わらずミニバンは思った以上に進まず、気づけば到着予定時間を過ぎ。。。


結局、23時にBTSパターヤイ駅に到着。
所要時間15時間半でした。

2人ともよく頑張りました!

いつの間にか冷えピタなくなってるw


ここから、我らがホームのすいかハウスに帰ります!
オンヌットまで42BT(139円)

オンヌット駅に着き、近くのコンビニで夜ご飯を購入。133BT(441円)



そして、遂に、到着!!

ただいまーーー!

こうせいさんがドアを開けてくれて、チェックインしに共有ルームに行ったら、ゆうこちゃんとみづきくんが起きて私たちの到着を待っててくれました!もーー、かわいい妹&弟です。
さっき買った夜ご飯を食べながら、久しぶりの再会に話が盛り上がります。途中ソファで寝落ちしましたが、ちゃんと起きて4時前にはみんなと一緒にドミトリーに撤収しました。










長いようで短かった1週間のカンボジアへの旅が終わりました。ケンさんとは1回も険悪なムードになることもなく、自然に和やかに旅ができました。元々1人で行くはずだったカンボジアでしたが、ケンさんと一緒に行かせてもらうことになって、終始2人で行動したことでより多くの楽しい思い出を作れたと思います。
また、この旅中ずっと体調が悪かった私に移動のペースを合わせたり、何かと気遣ってくれていました。ありがとう。






そして。。。。明日は待ちに待ったCOLDPLAYのライブだー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

【カンボジア5日目】トゥール・スレンで感じた痛み。ベンチに横たわっている君の名は。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村


あゆみさんのブログ『あゆみの歩む道』の読者のみなさま、はじめまして。
フィリピンで英語の勉強を頑張っているあゆみさんに代わり、今回は〝けんさん〟こと
私、けんがピンチヒッターを務めさせていただきます。
あゆみさんの文体とはかなーり異なりますが、一生懸命書かせてもらうので、
どうかどうか最後までお付き合いくださいませ。



4月5日(水)。
天気は快晴。気持ちのいい朝です。
きょうの予定はトゥール・スレン博物館とキリング・フィールドへ行くこと。

溜まった洗濯物を1.4ドル(5600リエル=157円)で宿の受け付けへ預け、
まずは100メートルほど先のトゥール・スレン博物館へ。
館内で10時から上映されている映画を観るため、2人とも眠い目をこすりながら、余裕を持って9時頃に出発(昨夜は何を思ったんか深夜0時から「天空の城ラピュタ」をガッツリ観賞してしまい、眠りについたのは3時、4時…)。

歩いて数分でトゥール・スレンに到着。
観光スポットらしく、周辺には大量のトゥクトゥクが停車しています。



トゥール・スレン・ジェノサイド・ミュージアム(トゥール・スレン虐殺博物館)。
ジェノサイドという文字に緊張感を覚えます。



入場料(音声ガイド付)で6ドル(680円)。
入場するときに日本語の音声ガイドと場内マップがもらえます。


館内に入ると、ネット情報で10時となっていた映画の上映開始時間が9時30分となっています。いきなり海外特有のやってくれたな感を感じながら、見学をすっ飛ばして上映室へ。
すでに映画は始まっており、申し訳ない気持ちを持ちつつ少し前の席へ。
この時、お客さんは15人くらい。

映画の内容は、収容所からの生存者の体験談を交え、どういった事がここで行われていたかのドキュメンタリー。

2度の寝落ちをしつつ(あゆみさんも寝落ちしてたんを確認)、1時間くらい経ったでしょうか。
ここで2人にふと疑問が…「この映画いつ終わるん??」
そろっと後ろを振り返ると…。
「だ、誰もおらへん!!!」※これは怪談ではありません。
あゆみさんと相談の結果、映画は続いていますが2人は途中離脱。

ここからは2人とも音声ガイドとマップを頼りに個々で周ることに。


先にトゥール・スレンの説明を。
この施設はもともと学校(高校?)で、ポル・ポト政権時代(1975〜79年)に政治犯収容所に転用されたもの。政治犯といっても、多くの人は一般人。つまり、反革命分子となりうる知識人(大雑把に言えば、本が読めるなど)を粛清するために造られ、それらの人たちを拷問、処刑するための施設でした。ベトナム軍に発見されるまでに最大2万人が収容され、生存者はわずか12名という、収容されると出ることのできない場所だったのです。
また、77年には遺体が増えすぎた為に処刑・埋葬場所として収容者らは15キロ離れた
〝キリング・フィールド〟に連行されました。



ここから先は収容所内の写真もあります。見たくない、読みたくないという方は一気にスクロールして飛ばしてください。































見学はお墓から始まり、このA棟へ。この一室一室にベッドがポツンと。ここで拷問が行われていたんですね…なんと言っていいのか、ただただ心が痛くなりました。



拷問に使用されていた学校の遊具です。ここに吊るされたんですね。子供が遊ぶ為のものがこんな事に使われるなんて…


B棟ではクメール・ルージュ(当時のカンボジア共産党)リーダーたちの写真、この収容所で看守をさせられていた少年少女たち、外国人被害者の写真などが展示されていました。この少年少女たちも、後に殺されてしまうんですよね…。


この日は気温も高く、場所が場所だけに精神的にもちょっと疲れてきました。
ここであゆみさんと合流し、スプライトを買って、しばし休憩。
あゆみさんはまだ体調が良くなく、炎天下の中だったので少し気分が悪い様子。
大丈夫?って聞いても「大丈夫だよ!」と。
心配させないように言ってるのはわかりつつも、絶対行きたいって言ってた場所なので、とりあえず見学を続けようとC棟へ。




C棟は独房、雑居房の勾留棟なので脱走を防ぐ為の鉄条網が。



ここから、今日みたいな青空をどういう気持ちで見ていたのでしょうか…


そんなに遠くない国で、それも40年ほど前の出来事。
権力を持った人間の恐ろしさ、恐怖に支配されてしまう社会。
いろいろ考えさせられます。
正直、心が疲弊しました。
まだまだ世界には負の遺産と呼ばれるものがたくさんあります。
僕ら日本人は平和な社会、国にいるからこそ見るべきなんじゃないか、知っておくべきなんじゃないかと思います。
機会があれば、ここに来て下さい。
当初、行く予定のなかったプノンペン。あゆみさんに誘ってもらったから、この場所に来れました。
この場所に来れてよかった。あゆみさん、ありがとう。



ここからは少し話を明るく?していきますね。


D棟を出ると、座っている観光客の中にベンチで寝ている人を発見。
こんな暑い中、外で寝るとか…
―ん?
―あのリュック見覚えが…
―ぎゃー!!
そこには、あゆみさんが倒れていました。

声をかけたら、反応あり。よかった、意識はあるみたいです。
たぶん朦朧としている意識の中、あゆみさんは「キリング・フィールド…」と。
聞き間違えたかもと思い、もう一度耳を澄まします。
「キリング・フィールド行く…」
今度はちゃんと聞こえてしまいました。
なんという事でしょう。そのフラフラな身体で、炎天下の下、さらに何処かへ行こうとしている。
正直、「こいつマジか!アホなのか」と思ったのはここだけの話。

そんな気持ちを表には出さずに、「まだ12時やし、一旦宿に帰って体調が戻ってきたら行こうね」と説得。あゆみさん、しぶしぶながら了承してくれました。
(うん、わかるねん。次、いつ来れるかわからへんし、意地でも行きたいんやろなぁ)
そう心では理解しつつも、その体調で行かせられるかと。

宿に戻ると、あゆみさんはスヤスヤと眠りについてくれました。
ちょっと安心したので、その間に明日のバンコクに戻るバスチケット(1人20ドル=2,206円)の予約と朝出しておいた洗濯物を回収。

その時に、ちょうど宿に戻ってきた方がいたので、
―ここら辺でごはんが美味しいとこってありますか?
すると、その方の口から出た意外なお店。
「さっき丸亀製麺行ってきて食べてきました」
―ん?マルガメセイメン??あのうどんの?
まさかすぎます。カンボジア丸亀製麺って。

その方の情報と受け付けでもらった周辺マップを持って、少し体調を持ち直してくれたあゆみさんと相談。
その時、ものすごい雨の音が…

豪雨です。テンションが上がってしまい、2人して上の階のバルコニーへ。

それぞれが写真、動画を撮りはじめ、謎の撮影大会が開催されてしまいました。
この時、キリング・フィールドに行かさないでよかったと心から思いました。。
あの体調で、この雨は…最悪な事になったかもしれないな、と。

少し雨が治まってきたので、夜ごはん食べに行こうと外へ。
このとき、候補になった行きたいところが
北朝鮮レストラン
○お土産にカンボジアソルトのお店
丸亀製麺
○スーパー(コンビニ)


ほんまにあった丸亀製麺。でも、急に日本で食べれるやん…と、ごく当然のことを
思ってしまい却下。


このあと、フラフラとなんかないかなーと彷徨い、辿り着いたのがこの店。


お、オシャレなレストランなこと。値段にビビりながらも雰囲気が良くて入ってみようということに。





外の席は、さっきの雨でいい感じに涼しくなってて気持ちがいいねーって。
料理もそんなに高いわけでもなく美味しかった!
デザートのアイスがめっちゃ美味くて感動。お会計1人13ドル(1,434円)。


帰りに偶然見つけたコンビニで、パンとお菓子など大量に購入。
そして、カンボジアでの2人の魔法の呪文〝バル…〟
間違えました。危うく全て破壊するところでした。
〝Can I use Riel?〟
これ言うのホンマに楽しくて。
ただ、この日は大量購入のため、すぐにリエル計算できずに店員さんが助けてくれるという始末。
「これとこれとこのお札だよ」って、この店員さんめっちゃ優しかった。
あゆみさんも大量に持ってたリエルをほぼ使いきれそうで満足そう。

ニコニコ、散歩がてら宿までの帰り道、けんさんふと気づく。
プノンペンて夜危ないって誰かが言うてた…〟
でも、ここまで来たらそんな事考えてもムダです。
だって外出ちゃってんだもの。

そんなこと考えてるうちに無事、宿に到着!

そして、なんやかんやで今夜も映画を観ようという流れに。
昨日の反省を活かして、きょうは先にお風呂。
(反省してたら早く寝ろって話なんやけども…)


先程買ったお菓子を並べて、準備万端。

深夜1時から上映させたのは。。。
君の名は。

初めて観る「君の名は。」。しかも、カンボジアで。
一生思い出に残ると思います、この映画。

あしたの出発は朝早い!しばしの睡眠に入りますZzz…おやすみなさい。







けんさん、初のブログ投稿お疲れ様と思った方、ぜひクリックしてください!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村